【加工】データ集計で工程の動きを見える化 | 現場帳票電子化システム「XC-Gate」の活用例を業界・用途別で紹介
本文までスキップする

ソリューションマップ

XC-Gateのソリューション

【加工】データ集計で工程の動きを見える化

業界:
用途:

導入前の課題

稼働状況から課題分析までが実現できていない
工程での稼働状況を見える化したいが、実稼働の データに基づく課題分析ができていない

ソリューション

  • 統合PLC経由で様々な制御機器からのデータを 集約し、工程分析用のデータに自動で加工

導入効果

稼働情報の把握・分析による運用改善
加工時間、加工/冷却温度、異物検査情報などラインの制御機器が持つ稼働情報を一定周期で取得し、
工程内の稼働状況を分析するためのデータにまとめ、運用改善につなげることができます。

関連ソリューション

資料ダウンロード お問い合わせ