【検査】検査機器データを自動取得 | 現場帳票電子化システム「XC-Gate」の活用例を業界・用途別で紹介
本文までスキップする

ソリューションマップ

XC-Gateのソリューション

【検査】検査機器データを自動取得

導入前の課題

検査機データのPC転記作業に時間がかかる
検査機での検査結果を手作業でパソコンに転記しており、余計な作業時間がかかっている
検査機の値を目視で確認するためミスが生じやすい
検査機に表示されている検査結果を目視で確認して記録するため、ヒューマンエラーが発生しやすく、品質管理に対する信頼度が下がってしまう

ソリューション

  • 検査機からのデータをXC-Gateにインポートし、検査データ入力画面へ自動表示

導入効果

検査データのCSVファイルをXC-Gateに自動インポート
検査機からのデータをCSVファイルに出力することで、検査結果を直接XC-Gateのサーバーに取り込み、データ化することができます。

機種名、検査番号で検査結果を確実に取得
電子帳票に機種名や検査番号を入力することで、インポートしたデータを自動入力して検査結果を間違いないように記録できるようになります。加えて、対象となるロットの検査合格率も自動計算して計算を行う作業時間の削減、人が介在しないことで精度アップを実現します。

関連ソリューション

資料ダウンロード お問い合わせ