【設備保全】設備ごとの点検表をQRで自動表示 | 現場帳票電子化システム「XC-Gate」の活用例を業界・用途別で紹介
本文までスキップする

ソリューションマップ

XC-Gateのソリューション

【設備保全】設備ごとの点検表をQRで自動表示

導入前の課題

点検表の印刷・回収・保管までに時間がかかる
点検表を印刷して、現場で記録された後に回収、点検表をまとめて保管するといった一連の作業が毎日必要になっており、月間、年間などまとまった期間で見るとかなり時間がかかっている
点検手順がかかれた書類と点検表が別々に管理されている
各設備の点検方法が記載された作業要領書と点検表が別々で管理されており、
作業要領書のどの部分が点検項目に該当するのかがわかりにくく、手順ミスの原因となっている

ソリューション

  • ハンディターミナルを使い、設備に設置されたQRコード(XC-GateのURL)から電子点検表を呼び出し ・点検表に画像付き手順を記載してミスを防止

導入効果

設備ごとの点検表を自動表示し、記録後即データ化
設備ごとの点検表をQRコードからのみ呼び出せるため、紙の点検表の運用で発生していた、印刷・配布・回収の作業が不要となり、大幅な作業時間の短縮につながります。
点検表+作業要領書の内容をまとめて電子化
XC-GateにPDFや画像、動画マニュアルなどの閲覧専用のファイルを登録しておくことができます。
作業要領書を点検表からボタンをタップで参照できるようにすることで、新人作業者でもどのような手順で点検を行えばよいかを簡単に把握できるようになります。
作業者による点検手順ミスやばらつきをなくすことで、作業標準化・点検精度の向上にも貢献します。

関連ソリューション

資料ダウンロード お問い合わせ