【検査】製品写真と検査結果を紐づけて管理 | 現場帳票電子化システム「XC-Gate」の活用例を業界・用途別で紹介
本文までスキップする

ソリューションマップ

XC-Gateのソリューション

【検査】製品写真と検査結果を紐づけて管理

導入前の課題

製品の種類が多く仕様の確認間違いリスクがある
製品の種類が多い、あるいは一品一様で製品を作っている場合作業者はそれぞれ製品の細かな仕様を把握しておかなければならないが、仕様の認識誤りにより検査自体が間違ってしまうリスクがある
知識・経験に依存する作業が多い
作業者の知識や経験に頼った検査内容が多く、確認を怠るなどの作業ミスが発生し、製品不良につながりやすい
検査記録を保存しているものの製品の品質改善に活用できていない
検査して記録するまでで業務が完結してしまい、品質改善に活用まで行えていない

ソリューション

  • WebAPIで画像検査ソフトと電子帳票を連携し、  検査結果と写真を検査帳票に直接取り込み

導入効果

画像検査ソフトでチェック・画像取得で検査精度の向上
作業者が撮影した配線写真を画像検査ソフトでチェック後、写真ごとWebAPI経由でXC-Gateに取り込むことで、配線など、製品仕様に応じて画像判定を画像検査ソフトで自動化して記録作業の手間やミス防止を実現します。
検査データ蓄積により一定期間の不良率見える化
XC-Gateに登録された検査データを自動集計し、日ごとの検査総数・合格数・不良数を集計して、不良率を自動計算することで時間・ライン別など、どこで不良が発生しやすいか等不良発生傾向をグラフで表示して見える化を行うことで、改善につなげられます。

関連ソリューション

資料ダウンロード お問い合わせ