【工程管理】QRコード付き指示書による工程トレーサビリティの実現 | 現場帳票電子化システム「XC-Gate」の活用例を業界・用途別で紹介
本文までスキップする

ソリューションマップ

XC-Gateのソリューション

【工程管理】QRコード付き指示書による工程トレーサビリティの実現

導入前の課題

複数人でのExcelファイル更新による弊害
複数人で1つのExcelファイルへ実績入力・更新しており、リアルタイムな進捗確認ができず更新ミスも起こる
臨機応変な対応がしづらい
作業進捗が見えないため、急な納期変更に対応できない

ソリューション

  • QRコード付き指示書に各工程の実績を紐づけ、どの工程にどの製品があるかリアルタイムに見える化

導入効果

トレーサビリティの実現
部品納入データをもとに作成したQRコード付き指示書に各工程日報の実績を紐づけて登録することで、トレーサビリティがとれるようになります。
製品ごとにどの工程で作業中かが自動でデータ更新されていくことでリアルタイムに現場の状況が反映されていき、納期変更などへの対応もよりスムーズになります。

関連ソリューション

資料ダウンロード お問い合わせ