【製造】最新の部品マスタ情報を帳票に自動反映 | 現場帳票電子化システム「XC-Gate」の活用例を業界・用途別で紹介
本文までスキップする

ソリューションマップ

XC-Gateのソリューション

【製造】最新の部品マスタ情報を帳票に自動反映

導入前の課題

部品マスタの都度記入が手間
部品マスタ情報を確認して、部品コードや名称などを紙帳票へ都度記入するのに手間がかかっている
部品マスタの更新が現場に伝わるまでにタイムラグがある
部品マスタの更新が現場にうまく周知されず、誤って古いマスタ情報が帳票に記入されてしまう

ソリューション

  • SQLタグで帳票上に最新の部品マスタを参照表示し、マスタの更新も自動反映
  • SQLタグではExcelの帳票内にSQL文を記入しておくことで、別システムのデータベースの値を参照することができます。マスタ情報等を複数システムに登録する二重管理にならず、常に最新の情報を参照できるようになります。

導入効果

別システムで管理している部品マスタ情報を直接参照して自動表示
作業番号や製品名を入力すると、関連する部品マスタの情報が帳票上に自動で表示され、担当者が毎回確認・記入する手間を省くことができます。

部品マスタの更新時に発生しやすい誤記や確認作業、それに付随する作業の手戻りを削減できます。
常に最新のマスタ情報が反映されて古いマスタ情報の記入を防止
XC-Gateでは常に最新の情報(データベースの値)を取得することができるため、おおもとのマスタ情報さえ更新すれば、帳票へ記入する際も自動で最新情報が反映されます。
現場での確認作業やマスタ情報の管理者による周知ににかかる手間も削減できます。

関連ソリューション

資料ダウンロード お問い合わせ