【設備管理】BIツールで故障レポートをまとめて見える化 | 現場帳票電子化システム「XC-Gate」の活用例を業界・用途別で紹介
本文までスキップする

ソリューションマップ

XC-Gateのソリューション

【設備管理】BIツールで故障レポートをまとめて見える化

導入前の課題

故障発生の傾向が体系化されず、課題の分析がうまくできていない
工程内の設備トラブル記録は紙のままファイリングされてしまい、集計も行われていないため設備停止の予防にうまく活用できていない
トラブル対応の知識が共有されず対応者の対応にばらつきが出る
トラブル対応の記録を残してはいるが、トラブル対応の知識・ノウハウは共有されないまま保管されているため、担当者ごとにトラブルへの対応方法が異なり効率化ができていない

ソリューション

  • 設備の故障レポートを電子化して、BIツールと連携して工程・場所ごとの設備トラブル傾向を見える化

導入効果

故障レポートを電子化して過去の対応記録を閲覧可能に
故障レポートに記録されている、いつ、だれが、どんな対応をしたのかの情報がデータベース化されるため、体系立てて管理することができるようになります。
BIツールで故障状況を可視化
故障レポートのデータをBIツールで一覧表示し、いつ・どこで・どんな故障が起こったのか、過去の対応履歴や現在の対応進捗状況をBIツールの画面で検索・モニター表示できます。
現場作業者は現在発生しているトラブルと似たものがないか、過去の記録を検索して以前効果があったアクションをすぐに確認・対応することができるようになります。
また、必要に応じて個別の故障レポートを検索・追記することで、常に最新の対応状況もリアルタイムに反映できます。

関連ソリューション

資料ダウンロード お問い合わせ