【ピッキング】QRコードで伝票と在庫を照合 | 現場帳票電子化システム「XC-Gate」の活用例を業界・用途別で紹介
本文までスキップする

ソリューションマップ

XC-Gateのソリューション

【ピッキング】QRコードで伝票と在庫を照合

導入前の課題

記録漏れによるデータ修正の手間
ピッキングの記録漏れでデータと実際の在庫が合わず、必要な時に部品がなかったりデータ修正の手間がかかる
転記に時間がかかり後工程に影響が出る
記録回収やパソコンへの転記に時間がかかり、後工程での作業遅れリスクとなる
受入記録ミスによる在庫のズレ
受入記録を誤って記録してしまい、後でピッキングを行ったときに現場の在庫数量とデータの在庫数量にズレが生じてしまう

ソリューション

  • 現品票のQRコードをリーダーで読み取り、自動照合により在庫情報のズレを防止

導入効果

QRコードスキャンでピッキング照合作業高速化
部品外箱についた現品票のQRコードをリーダーでスキャンし、
電子化したピッキングリストと照合することで過不足を即座に確認できます。
また、ピッキング作業の結果もリアルタイムにデータ化できます。
受入記録を電子化して情報をリアルタイムにデータ化
パソコンへの転記を待たずにリアルタイムな記録のデータ化ができ、後工程ですぐに受入記録を確認できるため作業遅れリスクを削減できます。
受入品の現品票と台車のQRコードでデータを紐づけ
受入品の現品票、部品置き場のカートに識別用のQRコードを用意して、QRコードをリーダーでスキャンしてどの部品をどのカートに置いたかを紐づけてデータを登録できます。
現品票の内容を自動入力することができ、受入チェック時のミス削減につながります。

関連ソリューション

資料ダウンロード お問い合わせ