【ピッキング】部品の正確な保管場所を即時把握 | 現場帳票電子化システム「XC-Gate」の活用例を業界・用途別で紹介
本文までスキップする

ソリューションマップ

XC-Gateのソリューション

【ピッキング】部品の正確な保管場所を即時把握

導入前の課題

部品の保管場所探索の時間ロス
製造ラインで使用する部品の保管場所がすぐにわからず、倉庫から該当の部品を探すのに時間がかかってしまう
多種多様な部品のピッキングミスが発生
部品の種類が多く、ピッキング作業はすべて人が確認・対応を行うため、誤った部品をピッキングするリスクがある

ソリューション

  • 位置測位システムと連携し、リアルタイムで部品の位置情報を電子帳票から確認

導入効果

位置即位システム連携で部品ごとの場所を見える化
位置測位システムで取得した部品保管場所の情報を、いつ・どこからでもタブレットで確認できます。
資材置き場で迷わず部品を見つけられ、部品探しの時間を大きく短縮できるようになり、工程での作業開始までの時間短縮を実現します。
QRコードをスキャンしてピッキングを自動入力
現品票のQRコードをQRリーダーでスキャンすることで、目の前の部品とピッキングリストの内容が合っているかどうかを自動照合することができます。
別の部品が入っていた場合でもその場で気づくことができ、誰でもカンタンにピッキング作業を行えるようになります。

関連ソリューション

資料ダウンロード お問い合わせ